ベートーベン「第九」演奏会開催の祝い花/ Flower for Memorial Concert of Beethoven's Symphony No.9

ベートーベン「第九」演奏会/ Beethoven’s Symphony No.9 Memorial Concert

ベートーベン「第九」演奏会開催の祝い花/ Flower for Memorial Concert of Beethoven's Symphony No.9

今から約100年前の徳島県鳴門市。
この地で、ベートーベン「第九」が、アジアで初めて演奏されたと言われています。

2018年のベートーベン「第九」アジア初演100周年を控え、
明日、2016年に引き続き、2017年も徳島で第九の記念演奏会が行われます。

二千人が集まって第九を合唱するという今イベントの演出として、
会場となる徳島市・アスティとくしまの玄関ホールに、
阿波藍で染めたISSOの作品を展示していただきました。

今回の作品は、いけばな草月流 徳島県支部の小原博雪さんとの共作。
鳴門の渦をイメージしたという、エネルギー溢れる青竹のほとばしり。
歓喜の開放性、その激情を感じるような大胆な竹使いとライティングした花木づかい。

動に対する静の藍。

作品の高低差は、歓喜の歌の有名なフレーズの9音に合わせたもの。
五線譜の上の音符に見立てた藍場とともに、
群馬県・桐生の織職人が丁寧に作ったシルク地そのものの色も残しています。

作品につかったアイアンフレームは小松島の川口鉄工所、
ミリの中を縫う、縫製スタイリストは竹内恵子です。

Almost a hundred years ago in Naruto, Tokushima Pref., Beethoven’s Symphony No.9 was played for the first time in Asia.

For the 100th anniversary of playing the symphony, the memorial concert, continuing from 2016, will be held in tomorrow in Tokushima.

As the direction of this event, 2000 people will gather and chorus No.9. An the entrance hall of Asty Tokushima in Tokushima city, ISSO’s artwork dyed with Awa Ai is displayed.

This work is a collaboration with Mr. Hakusetsu Ohara of the Ikebana Sogetsu, Tokushima branch. The torrent of energy-full blue bamboos that are imaged the Naruto whirlpools. I feel passionate, coming from the openness of delight, through the bold use of bamboos and lighted flowers with trees.

Static indigo’ blue against movement.

The difference of artwork elevation expresses the nine notes of famous phrases of chorus part in No.9. The color of blue as notes on score could be compared to the white color of silk, carefully woven by master weaver of Kiryu in Gunma Pref.

Iron frames for the art was made by Kawaguchi Iron Works in Komatsushima, Tokushima, and the fabrics were sewn by Keiko Takeuchi, precisely sewing inside one millimeter.

isso_control
No Comments

Post a Comment

CAPTCHA