ベートーベン「第九」演奏会/ Beethoven’s Symphony No.9 Memorial Concert

ベートーベン「第九」演奏会/ Beethoven’s Symphony No.9 Memorial Concert

徳島・鳴門の地で、ベートーベンの第九がアジアで初めて演奏されてから本年でちょうど100年。その記念すべき年に、3000人の演者が徳島市のアスティ徳島に集まって、同じとき、同じ場所で第九のコンサートを行います。

昨年に引き続き、2018年も草月の小原博雪さんとともに、お迎えのディスプレイづくりに関わらせていただきました。作品名は「Gosen」です。

開演は2018年2月12日の14時からですが、チケットは昨年12月の発売からひと月も経たずに完売。徳島県外からも1000人近くが来県されているようです。

今回、ISSOの作品はバックグラウンドメインの控えめな構成ですが、その中にも藍の色を見つけていただけますと幸いです。

A hundred years ago in Naruto of Tokushima Pref., Beethoven’s Symphony No.9 was played for the first time in Asia.

The 100th anniversary concert will be held in Tokushima on Feb. 12th, and almost 3000 people will gather and chorus Symphony 9.

As the last year, the welcoming flower, arranged by Mr. Hakusetsu Ohara (Ikebana Sogetsu), and ISSO’s artwork, named “Gosen” (meaning of five lines on music score), will be displayed at the entrance hall of Asty Tokushima in Tokushima city.

isso_control
No Comments

Post a Comment

CAPTCHA