ホテルカンラ京都タペストリー/A Tapestry at Hotel Kanra Kyoto

ホテル カンラ 京都/ Hotel Kanra Kyoto

一草の藍染作品を、UDS株式会社様が企画・設計・運営する、京都・東本願寺の北側に隣接したラグジュアリーホテル「ホテル カンラ 京都」内のスパ『kanra spa by ALL THAT SPA』のインテリアとしてご採用いただきました。

本作品は三重県の家具職人が手がけた木製フレームに収められています。施術室に入った瞬間目に入る空間と作品の対比が印象的で、室内照明の明暗調整により、藍の様々な表情が浮かび上がります。タペストリーとともに、サイドテーブルのテーブルクロスにも同じ柄のファブリックをご採用いただいています。

ラグジュアリーホテル『ホテル カンラ 京都』 について

http://www.hotelkanra.jp/

京都・東本願寺の北側に隣接する築23年の教育施設をコンバージョンし、2010年秋に開業。2016年10月17日、「継承と革新」をデザインコンセプトに、39室の増床と、セレクトショップ、3つのレストラン、スパを新たに加え、全68室の町家スタイルのラグジュアリーホテルとしてリニューアルオープンしました。

※「カンラ:感洛」には、日本が育んできた美・知恵・おもてなしが息づく「洛」の地でその心 を「感」じてほしいという想いが込められています。

『kanra spa by ALL THAT SPA』 について

http://www.warena.net/

株式会社ウェルネス・アリーナ様運営の「ホテル カンラ 京都」内のスパ『kanra spa by ALL THAT SPA』は、「和紙(からかみ)」、「布(藍染)」、「木(組子)」、「土(塗り壁)」をテーマにした4つの施術室があり、それぞれのテーマに合わせたしつらえが施されています。「布」作品の制作者としましては、阿波藍から生まれるジャパン・ブルーの色合いが、同スパご利用のお客様に、落ち着きある癒しのひと時の演出となればとの想いを抱いています。

今回お声がけをいただき、プロジェクト参加の機会いただきましたUDS様、ウェルネス・アリーナ様に深く感謝申し上げます。また、左官株式会社様、かみ添様、株式会社タニハタ様と同じプロジェクトに参加できたこと、大変光栄なことと感じております。

isso_control
No Comments

Post a Comment

CAPTCHA